NEW! 最新買取実例のご紹介

お客様の声・レビューのご紹介

本・古本買取のアップサイド > 古本を高く売るコツ

古本を高く売るコツ

その1 読み終わったら早めに売っちゃうのが一番

古本も中古車と同じで、
初版発売後の経過日数とともに徐々に価値が下がっていきます。
質の良い良書やロングセラーにとなっている本は、
経過年数に左右されずに比較的高く取引される傾向があります。
ちなみに、D・カーネギー著「人を動かす」などの長々重刷をしている本は、
人気も高いままなので、アップサイドの買取価格も【300円前後】で安定推移しています。

対してベストセラーの買取価格ですが、
最近の例はAKB48の前田敦子主演で話題になった、
岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の買取価格です。
現在の当店買取価格は【10円】もしくはそれ以下ですが、
この傾向はしばらく続くと思います。
よく売れて世の中に出回りすぎたため、
数的に市場に溢れかえっているためです。

なんでも早めに売るのが一番のコツですが、
だからといって焦って読んでは読書を楽しめませんから、
一通り読み楽しんだあと、
もう読まないかもな?と思ったそのタイミングが間違いない売り時です。

もし少しでも高く本を売りたい方は、
「あまり長くねかせずに、マメに売ること」が高く売るコツですね。


その2 まとめて売って査定額をアップする

まとめて売ると買取査定額をアップしてくれるお店がありますので、
そういったキャンペーンやプログラムを利用しない手はありません。
もしお部屋の整理や引越しで出た本やCDは、
まとめて売ったほうが断然お得です。
アップサイドでも買取点数に応じて、
査定金額の10%アップやQUOカードのプレゼントを実施しています。
どうせ売るならお得に売っちゃいましょう!


その3 付属品はつけて売る

付属品があったものは付属していれば次の方も買いやすいので、
当然高く買取ります。
本の場合は購入した時に付属していた、
CD、DVD、赤シート、別冊の解答や地図などです。
CDなどは歌詞カードやジャケットです。
DVDは小冊子など。ゲームならケースや説明書です。
ぜひチェックしてみてください。



古本を高く売るコツ▲ページのトップへ戻る