NEW! 買取の一例ご紹介

お客様の声・レビューのご紹介

本・古本買取のアップサイド古本買取の正直な話 > 古本の買取価格はこうやって決めました

古本買取の正直な話

古本買取の価格はこうやって決めました

今回は古本買取の価格についてお話します。

お客様的には買取価格は高いほうがハッピーです。

もちろん本・古本買取のアップサイドは、
少しでもお客様に喜んでいただけるように、
高い買取価格を目指してます。

ま、どこでも言う売り文句ではありますので、
ささっと流してください。

しかし本・古本買取のアップサイドが高価買取します!と、
自負できる大きな根拠があります。

それは、店舗買取をしていないことと、
多くのスタッフを抱えていないことにあります。


単純にあまり固定費をかけていないからです。


逆に買取価格が安いと思えるところは、
この逆が当てはまるかも?とうっすら感じております。

ちなみに、『ダンボール送付サービス』
というサービスをよく目にしますが、
アップサイドの古本買取メニューにはありません。
これも単純にコストがかかるからです。

アップサイドへ送るのに、
外側が綺麗なダンボールで使っていただく必要はありませんし、
箱を送付する経費もお客様からいただく利益から捻出することを考えると、
その分買取価格を下げなくてはいけません。

少しムダに思えてしまったんですね。
便利は便利と思えるのですが、
本末転倒のような気が。


やっぱり、できる限りお金をお支払いしたほうがよかろう、と。


お客様にどこかで箱を見つけてもらって、
少しだけアップサイドにご協力いただくことで、
その分のコストを古本買取価格に還元できれば、
お客様もアップサイドもハッピーかな?と考えた結果です。

じゃあアップサイドはどれだけ買取価格が高いのか?
とても気になりますよね。
言うだけのことはあるのだろうな、と。

売り込み過ぎちゃうとハードルをあげちゃうので、
あまり売り込みたくはないのですが、

古本買取の価格検索ツール『クイック査定!』をオープンにする際、
古本買取価格の相対調査を実施したところ、

ネット古本買取店舗群の約1.5〜3倍の買取価格である傾向がでました。
また大手古本買取チェーン店の約4倍近くの買取価格も。
ただ正直似たような買取価格の本もありましたし、
似たような価格の店舗もあったことを付け加えさせてください。


なので、あくまで傾向ということにしてください。


古本買取業者さんの考え方やビジネススタイルも千差万別ですし、
1冊の本をとって高い安いは判断できません。
かつ、全ての店舗をチェックしたわけでもありません。

ただ数的にまとまってくると、買取価格に傾向は出てきました。
その傾向ではアップサイドはかなりいい線いっていたと思います。

正直、この傾向を見て査定価格を下げようかとも思いました。
しかしそれじゃ、他の買取業者さんといっしょになってしまいますし、
何よりお客様的には全然よろしくありませんし、ね。
後発の我々は真っ向から勝負しようと。

なので当初考えていた、
『これ位は古本の買取価格としてお支払いしたい』という考えを優先し、
最低限の固定費、経費で頑張ることにしました。

その価格はアップサイドの『クイック査定!』を使えば、
すぐに古本買取価格を見ることができます。

どんどん『クイック査定!』を使って買取価格や相場を比較してみてください。
そして最終的にお客様が有利と思える店舗へ売るのが何よりです。

もちろん!
最終的にアップサイドを選んでいただけるように頑張りますので、
本・古本買取のアップサイドをよろしくお願いいたします。



古本買取の価格はこうやって決めました ▲ページのトップへ戻る